私たちの原点はここから

健康関連事業に携わる社員が、まず‘健康であるべき’との考えのもと、1985年に開設された『サンスター心身健康道場』。その目的は、健康バランスを取り戻し人間が本来持っている「健康力(健康になろうとする力)」を高めること。
ここで実践し、培われてきた健康理念は、サンスターの商品開発にも活かされています。
玄米菜食のよさをご家庭でも手軽においしく続ける健康づくり、そんな思いから生まれたのが「健康道場シリーズ」です。

「おいしい」「玄米菜食」や「無理せず楽しく」実践できるカリキュラム

体験で高まる健康への“気づき”や“関心”

サンスター心身健康道場

サンスターは、「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」の社是のもと、
従業員が健康であるべきとの想いから、1985年より、「サンスター心身健康道場」を開設。
道場では、健康に関する知識修得に加え、<食事><身体><心>の健康バランスを取り戻すための健康法を提供し、社員の健康増進と医療費抑制に努めてきました。

青汁と玄米菜食の‘おいしい’食養生による“食事”への気づき

カリキュラムの核ともいえる道場での食事は、玄米菜食、少食が基本です。
肉・卵・乳製品といった動物性のものは一切摂らず、1日約1200kcalと低カロリーですが、豊富な栄養素を含む玄米、旬の野菜とコレステロールを抑える大豆をふんだんに用いたお惣菜は、食べごたえも十分です。
そこには栄養価はもちろん、玄米や野菜のおいしさがたっぷり。過食や欧米化された食生活を見直すきっかけとなる食事を提供しています。

青汁

朝食は、手づくりの青汁1杯。

朝は、道場オリジナルレシピで手作りする青汁1杯のみ。
野菜や果物をミキサーにかけた濃厚でおいしい青汁は、不足しがちなビタミンや食物繊維、ミネラルなどを効率良く摂取できます。

玄米菜食

‘おいしい’がモットーの玄米菜食

『心身健康道場』の夕飯の一例。これに青汁がついて約580kcal。
”続けるにはおいしくなければ”と、和風、洋風、中華風に工夫したオリジナルレシピは約500種。丁寧な下ごしらえがほどこされ、玄米や野菜のおいしさがしっかりあらわれています。

身体だけでなく心の健康も無理なく、楽しく

肉体的、精神的にも多くのストレスを抱える現代。
道場では、自分の身体の動きのクセや歪みに気づき、その歪みを改善する均整ストレッチや、
温水プールでの有酸素運動、ウォーキングなども行い、普段の生活にも気軽に取り入れて続けられる運動を体験します。
心の調整時間として、入浴時間を活用。浴室には約18℃の水と、約42℃のお湯の浴槽が2つあります。
水からお湯、そして水へと9回くりかえす冷温交代浴により、自律神経のバランスを整えていきます。

身体のゆがみを整える<均整ストレッチ>

身体のゆがみを整える<均整ストレッチ>

均整ストレッチのポイントは、ご自身が「気持ちよい」と思える違和感のない方向に行い 無理をせずに筋肉をゆるめること。健康道場のウェブサイトでは、ストレッチを動画でご覧いただけます。
http://www.kenkodojo.com/stretch/

健康食品のラインナップはこちら