間違った知識を持っていませんか?
今日から始めたい正しいシミ・美白ケア

イメージ図

  • Facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket

3月に入り、そろそろ春の足音が聞こえる時期になりました。今年の冬は厳しい寒さが続いたので、暖かい日差しが待ち遠しいですね。とはいえ、日差しが強くなると同時に気になりはじめるのが「紫外線」。シミのない輝くような白い素肌はいつだって女性の憧れなので、多くの人が美白ケア(※)に力を入れはじめるのも、この時期からなのでは…?

ところで、『こんなに日焼けに気をつけているのに、シミができてしまう』『こんなにスキンケアを続けているのにシミが減らない』なんてことありませんか?ドキッとしたあなたは、ひょっとするとシミに関する間違った知識を持っている可能性が……実は、美白ケアは、シミができてからではなく、できる前に手を打つことが重要なのです。
そこで今回は、正しい美白ケアについてご紹介します。紫外線が気になるこれからの季節に備えて、ぜひ参考にしてくださいね。

※メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐこと。

憧れの輝くような素肌に!まずはシミについて正しく知ろう

イメージ図

イメージ図

シミができるのはなぜ?

シミの元となるのが「メラニン」。このメラニンは、紫外線などの刺激を受けると、お肌の表皮と真皮の境目に存在する「メラノサイト」という細胞内で、酵素チロシナーゼが活性化することにより作られます。
私たちが紫外線を浴びると日焼けするのは、紫外線がメラノサイトを刺激してメラニンの生成を促し、肌を浅黒く変色させるから。

通常メラニンは、肌のターンオーバー機能によって肌表面に押し出され、垢とともに剥がれ落ちます。日焼けしても日数が経てば肌の色が元に戻るのはこのためなんですね。
しかし、紫外線を過剰に浴びると大量のメラニンが生成され、ターンオーバーの限界を超えてしまいます。こうして排出しきれなかったメラニンは蓄積され、「シミ」となって肌に残るのです。

紫外線を浴びてもシミはすぐにできない

日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりと、紫外線ケアをしっかりしているにも関わらず、ある日鏡を見るとシミが……。『こんなにがんばっているのに一体なぜ……?』と落胆する人もいるかもしれません。
実は、紫外線を浴びてもすぐにはシミができません。上でも触れたように、シミはターンオーバーで排出しきれなかったメラニンが少しずつ蓄積され、それがいっぱいになった時に肌表面に現れるので、紫外線を浴びてから時間がかかるのです。なので、今現れたシミは昔の紫外線ダメージが原因の可能性も。『そういえば、若い頃は日焼け止めをきちんと塗っていなかったな』と心当たりのある人がいるのではないでしょうか。
ということは、今はまだシミが無いと思っている人でも、肌の奥に“シミ予備軍”が眠っている可能性がありますので、油断せずに紫外線ダメージを肌に残さないためのケアが大切ですよ。

できてしまったシミは消えにくい

シミは、肌のターンオーバーで排出しきれなかったメラニンが“定着”したもの。つまり、皮膚の中に根付いてしまっているので、それを取り除くのは簡単とはいえません。また、年齢とともにターンオーバーの周期自体も遅くなってしまうので、メラニンがスムーズに排出できずシミになりやすくなるのです。
できてしまってからのケアは大変なので、シミとなる元を作らないようにしっかり対策することが大切です。

美白ケアは“もとからブロック”がカギ

イメージ図

日焼け止めは1年中&正しい塗り方で

紫外線は1年中降り注いでいるので、日焼け止めは気を抜かずに1年を通して塗ることをおすすめします。
また、太陽がギラギラ照っていると紫外線が多いイメージがありますが、実は曇りの日でも紫外線は降り注いでいるので注意が必要。さらに、紫外線のA波は、ガラスを通り抜けて肌の奥まで届くので、室内にいる日でも日焼け止めを塗るのが大切です。
ところで、日焼け止めを塗る際、肌の上にササッと広げるだけで済ませていませんか?手早い塗り方ではどうしてもムラができてしまうので、紫外線をしっかりブロックできません。サンスターが行った実験でも、「ササッと塗った」場合と「しっかり塗った」場合では紫外線のブロック度合いが違うという結果が出ています。
正しい塗り方として、推奨している使用量をしっかり守り、指先に少量ずつ取りながら顔全体にムラなく塗りましょう。

スキンケアは美白成分配合のアイテムを

どれだけ頑張って紫外線対策をしても、メラニンの生成を100%防ぐことはできないので、美白(※)成分が配合された化粧品の力でシミが生成されるのを予防することも大切です。一口に美白成分といっても、実はメカニズムによって複数の成分が存在するので、商品によっては効き目に差があります。“どのような働きかけがあるのか”をチェックして選ぶのがおすすめです。
※メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐこと。

保湿ケアもお忘れなく!

春になると美白ケアに力が入りがちですが、保湿ケアも忘れてはなりません。お顔を化粧水でしっかり潤してその後につける美白美容液を肌になじみやすくし、仕上げにクリームで美白成分とうるおいを閉じ込めましょう。

まとめ

美白ケアは、シミが目に見えてからでは遅く、目に見えないうちにしなくてはならないのが難しいところ。『どれだけ紫外線対策を頑張ってもメラニン生成を完全に食い止めることはできない』ことを胸に刻み、美白ケアの意識改革をしていきたいですね。すぐに効果は出ないかもしれませんが、そこは美白は1日にしてならず。みなさんも、未来の美肌のために、日々コツコツとスキンケアしませんか?