食べても意味がないってホント?
コラーゲン効果のウワサに迫ります!

2017.09.28

イメージ図

  • Facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket

世間はすっかり秋真っ只中ですね。湿度が少なくなって過ごしやすい気候ですが、その分気になってくるのが肌の乾燥……。これから冬に向けて保湿ケアに力を入れる方も多いかと思います。そんな外からのケアと同じくらい大切なのが内からのケア。今や女性たちの間では、様々な美容成分が浸透していますが、その中でも定番人気といえば「コラーゲン」。巷には、コラーゲン配合の商品やサプリメントがたくさんあるので、一度は試してみたことがあるのではないでしょうか?

ところでみなさんは、「実は口から摂取しても意味がない」という説や、「コラーゲンには即効性がある」という説など、様々なウワサを耳にしたことはありませんか?
そこで、今回は「いったいどれが本当なのか?」コラーゲンにまつわるウワサの数々をご紹介します。

コラーゲンにまつわる様々なウワサ…これってホントなの?

イメージ図

イメージ図

※出典元:クラブサンスター

<ウワサ その1>
『体内のコラーゲン量は年齢とともに減少する?』

コラーゲンとは、皮膚や関節・骨・爪など、身体の各部を構成する重要な要素。特に肌の奥でハリや弾力を支えている真皮は、コラーゲンが70%を占めています。美肌のためにコラーゲンが必要というのは、こういった理由からです。

そんなコラーゲンは常に新陳代謝をくりかえしていますが、それも20歳をピークに新しく生み出す力が徐々に弱まってしまいます。なんとその量、60歳では20歳の時の約半分にまで減少してしまうんだとか!まさにウワサ通りですね。年齢を重ねていくとシワが気になりだすのは、このコラーゲン量の減少も一因といえるのかもしれません。

<ウワサ その2>
『飲んだり食べたりしたものが直接お肌に届く?』

体内で生成されるコラーゲンが減ってきたら、その分を食品で補うのは間違いではないでしょう。ただ、ここで注意したいのが、飲んだり食べたりしたコラーゲンが、そのままダイレクトにお肌に届く訳ではないということ。
口から摂取されたコラーゲンは、そのまま体内に吸収されるのではなく、いったん体内でカラダが吸収できるサイズに分解され、アミノ酸として小腸から吸収されます。その後、血液にのってカラダのすみずみに運ばれ、必要な場所で再びコラーゲンとして生まれ変わります。つまり、コラーゲンを摂るということは、コラーゲンそのものではなく、カラダの中で新しいコラーゲンを作る“もと”となる成分を摂っているということを覚えておきましょう。

<ウワサ その3>
『即効性がある?』

女性同士の会話で、『明日は大事な予定があるから、お肌の調子を上げるためにコラーゲンサプリが欠かせない』とか、『昨日はフカヒレ料理を食べたからお肌がプルプル♪』なんて話しているシーンを見かけることはありませんか?
しかし、上記で触れたように、コラーゲンはそのまま肌に届くわけではないので、“食べた翌日はお肌がプルプルになる”というような即効性があるとは言いがたいかもしれません。それよりも、ある程度根気よく継続して摂り続けることが美肌づくりの大切なポイントなのです。

<ウワサ その4>
『たくさん摂れば摂るほどお肌に良い?』

たくさん摂ることは悪いことではありませんが、いくらコラーゲンをたくさん摂っても、分解して再生することができなければ無駄になってしまう可能性があります。それに、肌にいい栄養素はコラーゲンに限ったことではありませんので、「コラーゲンだけ!」と偏りすぎず、バランスのよい食生活を心がけたいですね。また、サプリメントの場合は、量よりも“再生力”に着目して選ぶのがポイント。飲みやすい美容ドリンクなどもおすすめですよ。

今日から上手に、コラーゲン生活をはじめよう♪

イメージ図

日頃から上手にコラーゲンを摂る方法とは?

肌に欠かせないコラーゲンは、年齢とともに減少していくので、食生活で補うことが大切です。サプリメントを選ぶ際は、上記でも触れたように再生力のあるものや、消化・吸収がスムーズになる低分子タイプがおすすめ。

ちなみに、普段の食事でもコラーゲンを補うことができます。鶏肉(皮や軟骨)、豚肉(スペアリブやこま切れ)、牛肉(スジ)、フカヒレなどの皮が厚い魚などは、コラーゲンが豊富に含まれています。サプリメントと食事をうまく組み合わせながら、美味しくコラーゲンを摂りましょう!

食事だけで摂りにくいときは?

コラーゲンドリンクなどをプラスしてもOK。吸収されやすい低分子コラーゲン、また再生力の高いものを選ぶのがおすすめです。なお、コラーゲンを含む食品やサプリメントを摂取する際は、体内でコラーゲンの再生をサポートしてくれるビタミンCを一緒に取り入れると、相乗効果がありますよ。

出典元:クラブサンスター

まとめ

今回はコラーゲンにまつわるウワサをご紹介しましたが、いかがでしたか?
コラーゲンは“こまめな摂取・吸収のしやすさ・再生力”の3つがポイント。『最近、なんだか肌が元気ない』という人は、ひょっとしたら体内のコラーゲンが減ってきているのかもしれませんね。
乾燥が気になるこれからの季節に向けて、今日から早速コラーゲン生活はじめてみてください!

Equitance

Equitance