8月31日は「野菜の日」!あなたの野菜摂取量は大丈夫?

2017.08.31

イメージ図

  • Facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket

8月31日は「野菜の日」。皆さんは、毎日きちんと野菜を食べていますか?

最近は、新鮮な野菜がたっぷり摂れるバイキングや、野菜料理をテーマにしたレストランなどが増えてきていますし、コンビニやスーパーでもサラダの種類が充実していますよね。日頃から積極的に野菜を摂るよう心がけている方も多いと思います。
にもかかわらず、日本人の多くはまだまだ野菜不足なのが現状……。実は皆さんが思っている以上に、もっと多くの野菜を摂る必要があるのです。

今回は「野菜の日」にちなんで、1日に摂るべき野菜の量や、その秘めたるパワーなど、野菜についてのあれこれをご紹介していきます。手軽に作れる美味しいレシピも登場しますよ。大切な栄養素がたっぷりと含まれている野菜は、健康なカラダづくりには欠かせないもの。ぜひ、この機会に野菜の大切さ、そしてご自身の食生活を見直してみてくださいね。

実はあなたも?!日本人の約7割が野菜不足

イメージ図

皆さんは、1日の野菜摂取目標量をご存知ですか?「健康日本21」が目標としている野菜の摂取量は、1日350g。しかし、厚生労働省「平成26年 国民健康・栄養調査」によれば、この量に満たない方の割合はなんと68.5%、つまり約3人に2人もいることが分かっています。
これは偏った食生活はもちろん、そもそも1日の野菜摂取量を正しく理解できていないことも原因の一つといえるかもしれません。というのも、農林水産省が行ったアンケートによると、1日の野菜摂取量をきちんと把握できている人は、わずか15%しかいなかったからです。

まずは摂るべき野菜の量をきちんと把握すること。これが大切なんですね。
では、350gとは実際の食事で換算すると、どれくらいの量になるのでしょうか。次の章で詳しくご紹介していきます。

350gって一体どれくらい?

イメージ図

“1日に350gの野菜が必要”と聞いても、実際はどれくらいの量かイメージしにくいかもしれません。
そこで、サラダや野菜が主材料の小鉢を1皿分=約70gと想定してみましょう。そうすると、1日に小鉢5皿以上で、野菜の摂取量350gが達成できる計算となります。

無理なくしっかりと野菜を摂るコツ

サラダなど、生野菜を食べる場合はかなりの量になってしまいますので、なるべく多くの野菜を摂るためにも、炒め物やお浸しなどできるだけ野菜のカサを減らす料理にアレンジするといいですよ。様々なバリエーションを持たせると、楽しみながら野菜を食べることができますね。
また、煮物や和え物を多めに作って、“常備菜”としてストックしておくのもおすすめです。こうすれば、料理の品数が足りない時などにも手軽に野菜を補うことができますよ。

注意したいのが、外食の機会が多い方。揚げ物や肉料理が多くなってしまい、どうしても野菜が不足しがちです。そんな時はサラダや野菜料理を1品プラスしたり、鞄に野菜ジュースを入れておくなどするだけでも改善できますので、ぜひ意識してみてください。

野菜をしっかり食べることで、生活習慣病の予防に!

イメージ図

野菜をしっかりと取り入れた食生活は、健康なカラダづくりをサポートしてくれるだけでなく、生活習慣病を防ぐこともできるとされています。

たとえば、歯ごたえのある野菜やヌメリのある食べ物に多く含まれている「食物繊維」。腸をきれいにする働きがあることでも知られており、生活習慣病の予防に役立つとされています。また、「ビタミンA、C、E」や「ポリフェノール」などの栄養素は、生活習慣病の原因となる活性酸素の発生を抑える作用があるといわれていますし、他にも「カリウム」や「β‐カロテン」など、野菜はとにかく栄養素の宝庫!
これだけ頼もしい働きをしてくれる野菜を、食べない手はありません。

次章で野菜を使った美味しいレシピをご紹介しますので、ぜひ日々のお料理の参考にしてみてくださいね。

お手軽で美味しい!野菜を使ったレシピ

イメージ図

【カレー風味の人参サラダ】

<材料 2人分>
人参 1本(100g)
レーズン 約20粒(14g)
A
・米酢 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・はちみつ 大さじ1
・塩 ふたつまみ(1g)
・クミンシード 小さじ1/3

素焼きくるみ あれば

<作り方>
①人参はせん切りにしておく。
②ボウルにAを合わせ、1とレーズンを和える。冷蔵庫で冷やし、味をなじませる。
③器に2を盛り、砕いた素焼きくるみを散らして出来上がり。

出典元:健康道場ブランドサイト

http://www.kenkodojo.com/recipe/immunity/detail106.html

イメージ図

↓↓サンスターのドリンクを使ったアレンジレシピも♪↓↓

【“緑黄野菜”のたっぷり野菜スンドゥブ】

<材料 2人分>
“緑黄野菜” 2缶(320g)
白菜 2枚
にら 1/5束
白ねぎ 1本強
人参 1/3本
しめじ 1/2パック
木綿豆腐 1丁
昆布椎茸だし 1カップ
A
味噌 大2と1/2
濃口醤油 小1/2
一味 小1/2

ラー油 お好みで

<作り方>
①白菜とにらはざく切り、白ねぎは斜めうす切り、人参は短冊きりにする。しめじは小房に分ける。木綿豆腐は水切りし、食べやすい大きさに手でちぎる。
②鍋に“緑黄野菜”とだし汁を温め、白菜・白ねぎ・人参を加え、8分程度中火で煮る。
③2にしめじ、木綿豆腐を加え3分程度煮たら、Aを加え、最後ににらを加え温める。
④3を器に盛り、お好みでラー油をかければ出来上がり。

出典元:健康道場ブランドサイト

http://www.kenkodojo.com/recipe/dojoproduct/detail2.html

まとめ

みなさんは目標量の野菜をきちんと摂れていましたか?毎日5皿分の野菜を食べるとなると、大変に感じるかもしれませんので、あまりストイックになりすぎず、まずはできるところから“野菜のある暮らし”を始めてみてください。
足りない時はジュースで補うなど、マイペースに実践しながら「1日350g」を目指していきましょう!

イメージ図