とても素敵なテーブルウェア「銀鱗スプーン」をあなたの食卓にも♪

2017.04.28

とても素敵なテーブルウェア「銀鱗スプーン」をあなたの食卓にも♪

『お皿やカップにはこだわっても、スプーンはいつものまま。』『おしゃれなテーブルコーディネートにしたいけど、何か物足りない……。』
そんな方にぜひおすすめしたいのが「銀鱗スプーン」です。
銀鱗とは、読んで字のごとく“銀色に輝く鱗(うろこ)”を意味する言葉。



このスプーンに施されている銀鱗のような「鎚目(つちめ)模様」は、かなづちを使い、丁寧に表面を叩いて仕上げる技法で作られます。かなづちを打つその瞬間瞬間に奇跡的な模様が生まれ、味わい深い作品となっていくのです。
そんなキラキラと輝く鎚目模様をまとった「銀鱗スプーン」の魅力に、今回は迫ってみました。

実際に使ってみました!

「銀鱗スプーン」はまず、美しい流線型が特徴。

「銀鱗スプーン」はまず、美しい流線型が特徴。

女性の手にも持ちやすく、口当たりもとても滑らかです。スプーンのつぼの部分は浅めで、お菓子も上品にいただくことができました。
テーブルの上でも清楚なたたずまいで、和洋さまざまなテイストの食器とマッチしてくれます。お客様のおもてなし用にはもちろん、自宅用に使うときも、普段のシンプルなスプーンと置き換えるだけで、テーブルコーディネートをワンランクアップしてくれますよ。

また、キズが目立ちにくいのも嬉しいポイント♪スポンジや食洗機などの摩擦でどうしてもキズがついてしまいますが、鎚目模様になっていて光を反射するので、美しい輝きを長く楽しむことができます。

おすすめのテーブルコーディネートをご紹介します

水まんじゅうなど、みずみずしい和菓子に添えて

水まんじゅうなど、みずみずしい和菓子に添えて

水まんじゅうや水羊羹など、夏にいただきたい和菓子に添えてみてください。銀鱗の光が清涼感と上品さを演出してくれますよ。菓子楊枝に比べて、いただきやすいのも特徴です。
また、コーヒーと和菓子の組み合わせにもぴったり。ジャパニーズモダンなコーディネートに仕上がります。
なお、銀鱗スプーンはステンレス製ですので、「塗りの食器」には使わないよう気をつけましょう。

ジャムスプーンとしても大活躍

ジャムスプーンとしても大活躍

朝食のテーブルにも銀鱗スプーンが大活躍!ジャムスプーンとして使えば、ちょっぴりエッジの効いたクールモダンな食卓が完成します。つぼが浅めのデザインなので、ジャムやバターを塗りやすいのもポイント。
大人女子で集まる、アフタヌーンティーにもいいかも知れません♪紅茶にジャムを溶かして、フレーバーティーを楽しむのも素敵ですね。
銀鱗のシルバーは、白い食器にはもちろん、カラフルなものやガラス製品にも美しく馴染んでくれますよ。

その他にも、こんなコーディネートはいかが?

手作りの陶芸作品と合わせたり、アンティークなデザインガラスや、和デザインのコーヒーカップにも「銀鱗スプーン」は似合います。
また、パーティーシーンなどでは、バケットに塗るパテやリエットにもいかがでしょうか。実用性とオシャレさを兼ね備えているので、一役買ってくれること間違いなしです。
他にも、アイデア次第でコーディネートの幅は広がりそう!色々な食器と組み合わせみると、雰囲気がガラっと変わったり、新たな魅力を発見できそうですよね。

キャンペーン

まとめ

「銀鱗スプーン」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
使い勝手もよく、コーディネートの幅も広いので、ぜひテーブルアイテムに加えていただきたい逸品だと思います。銀鱗の輝きがちょっとしたアクセントになってくれるので、とても素敵ですよ。おもてなしにも普段の食卓にも、「銀鱗スプーン」はおすすめです。
これからも様々なキャンペーンにて【素敵なプレゼント】をご用意していきますので、お見逃しのないよう、ぜひチェックしてくださいね♪